2019年06月25日

2019 町たんけん

今年も生活科の学習の場として、
地域の小学校から2年生の子供たちが訪れてくれました。

考えてきた質問に答える形なのですが、
なるべく簡潔に答えるのもポイントで、
伝わっているかなと確認しながらお話しています。

そして今年は嬉しいことに
4歳の頃に来たことがあるという女の子がいました〜!

当時、本人の小児鍼で来ていたのですが、
自分がされた記憶はなく、
ただ「お母さんとここに来たことある〜」という記憶で

私も名前に聞き覚えがあったものの、
そう言ってしまうと「なんで、なんで?」と大騒ぎになるかと
平然を装いましたが、

嬉しい再会でした。

posted by そら at 11:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

美容鍼、感想いただきました

前回、初めての鍼灸を受けていただき、
今回はお顔もあわせての施術となりました。

『頬のあたりが持ち上がったのと
フェイスラインがすっきりしました。
目もぱっちりと、開けやすいです』とのご感想をいただきました。

またたくさん鍼を使うことなく、
少ない本数でもこれだけ変化が出ることに驚かれていました。

鍼によって、微細な傷をつけることで起こる細胞修復機能を活性させるのですが、
大量に鍼を使うことは、負担にもなり、
また内出血などのリスクも高まることから、
当院では片側10本以内で行っています。

施術後の鏡を見る前からの変化
鏡を見たり、お肌を触っての変化

その驚きや感動をもっともっと増やして
笑顔になっていただけるのが楽しい日々です。




posted by そら at 14:03| Comment(0) | 美容鍼灸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

お試し美容鍼 始めます。

最近
すっかり農作業にはまってしまい、
日焼けしてしまいました。

なんとか顔は守っているのですが、
手の甲の焼けっぷりに我ながら唖然としております。

中学高校と野外での部活だったので、
その名残か、
太陽に当たるのは大好きなのですが

シミが気になるお年頃…。

外で草むしりしてきたというと、
大丈夫〜?と聞かれちゃったりして。

この時期、とくに
シミが残るのは避けたいという会話よく出てきます。

なにか対策してますか?
と、伺うのですが、

日焼け止めなど塗って、焼けないようにするか
化粧水での保水くらいとのこと。

それならば、
ターンオーバーを促す、という意味で
美容鍼お勧めしておりました。


とはいえ、日焼け直後
真っ赤かの状態は避けていただくことになりますが。


ということで
美容鍼お試し企画、第何弾かな。

通常12000円のところ、7000円で承ります。
気になっていたわ〜という方には大変お勧めな企画。

企画をしておいてなんですが、
ご予約自体が取りづらい状況ですので、
今回は長めに6月いっぱい行う予定です。

ご希望日時できれば第二希望も含めて、
お早めにご連絡いただけますようお願いいたします。


posted by そら at 18:48| Comment(0) | 美容鍼灸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

逆子・安産のお灸

だんだんと暑くなってきましたねぇ。

時期的に逆子のご依頼は少なくなるのですが、
今月は金曜日以外もお休みをいただく予定ですので、

逆子って言われたけど、もう少し様子をみようかな・・・と検討中の方、
ご予約が取りづらいことがございます。

ですので、

もし
もし悩んでいらっしゃったら、早めにご連絡ください。

逆子でなくても、
安産につながる施術、養生法などございます。


病院では、
次回の検診まで様子見ましょうと伝えられるかと思いますが、

できるだけ早い週数のうちに戻しておくこと
お勧めです。

赤ちゃんと羊水の関係はもちろん、

戻らなかったらどうしよう〜、という不安から解放されて、
安心して過ごせる時間が増えますよ。

かかる時間は1時間
逆子のお灸は最大3回まで。
自宅でのお灸指導つきとなります。

ささっと戻して、残りの妊娠生活ゆっくりお過ごしいただけるよう
お手伝いします〜!
posted by そら at 12:22| Comment(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

田植え手伝い

DSC_1292.JPG  DSC_1297.JPG

父が名取市内の小学校から依頼を受けて行っている『田植え実習』が
今年も行われました。かれこれ10年にもなるのかなー。

先週の大雨に当たって延期となり、
お手伝いが足りない事態ということで、
急遽当日お呼びがかかり、行ってまいりました。

子どもたちが横一列に並んで、
ひもについた結び目を目印として、
自分の前3か所に植えるという方法なのですが、

いやー、本当、個性豊か。

ひたすら泥が気になる子、
一回ずつ手を拭いてみたり、
足元が気になって、固まってしまったり

かと思うと、
お友達の分まで植えてくれるしっかり者、

泥まみれになるのが楽しくて仕方ないって感じの子もいたり、

普段の生活が垣間見えるようでした。


どんどんと田植えが進み、
田んぼの真ん中まで行ったところで、
稲が足りないでーす!と声がかかると、
持っていくわけにも行かないので、
そこまで苗をポーンと投げて渡すしかなく、

私はそのやりとりが楽しくって、
バンバン投げまくってきました(笑)

ザリガニやドジョウ、かえるといった生き物もいる
安全なたんぼ

子どもたちはどんなことを感じたのかな。
秋の収穫が楽しみです。


posted by そら at 23:03| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

ルバーブ

DSC_1154.JPG

鉢植えで植えて数年、
ようやく地植えしてあげることができ、
この春
のびのびと育っています。

ジャムにすると
甘酸っぱい、なんとも独特な味わいなのです。

いっぱいジャムにしたいので、
できれば増やしたいなぁ、と思うのですが、

そんなときにはやっていけない、
というか
花を摘んだ方が株を弱らせないので、
摘むのがジョーシキなのですが・・・。

あまりの花のかわいさを思い出し、
一株だけ花を咲かせてみました(笑)

posted by そら at 22:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

宮沢橋の桜

DSC_0633.JPG

よほどお気に入りの樹木でないと、
ふだんあまり気にも留めず、過ごしていて
咲いたときになって、
あぁ、そうだ、ここにこの花があるんだ〜
と再認識することが多いのですが、

開花がニュースになるような桜の木というのは、
日本人にとってはやはり別格で、
春の訪れを告げてくれる存在だと感じます。


宮沢橋を車で通るとき、必ずと言っていいほど、
赤信号待ちをすることになるのですが、
そのたもとにある桜の木は、大きな枝ぶりで、とっても存在感がありました。

橋の架け替え工事で、この場所での、この桜は見納めになるそうですが、
これまで本当に見事な花をありがとう、という気持ちで眺めた春でした。

posted by そら at 20:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

春の雪

昨日から予報はされていましたが、
本当に積もりましたね。

明け方に気になって、外を眺めたのですが、
屋根に積もる雪に、
まるで季節が逆戻りしたかのようで、
もう一度暖かい布団に潜り込みました。

今朝はいつもより早く支度をしましたが、
だいぶ溶けてきたので、歩く方も、車の運転も安心ですね。

あと何回降るのかな。


posted by そら at 10:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

さくら

DSC_0596.JPG

通り道に、桜の木が植えてある公園があるのですが、
花を鳥がついばむようで、
道路にたくさん散ってしまっています。

お花屋さんで、桜の枝ものも売っていますが、
こうして集めて手元を飾るのも、
桜らしくて好きです。
posted by そら at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

カタルーニャ音楽堂

テレビ番組で、カタルーニャ音楽堂の内部が映されていました。

ソファで丸くなっていたところ、
母から「スペインの音楽堂がテレビでやっているよ」という電話が来たので、

あわてて
テレビのスイッチを入れました。

だいぶ番組自体は進んでしまっていたのですが、
音楽堂の素晴らしさと、
そこに立つ(出演していた)米倉涼子さんのスタイルの良さに、
圧倒!!

数年前、スペインを訪れたとき、
自由時間が余り、
当初予定していなかった音楽堂ですが、近くを通ることが分かり、
見に行ったのですが、場所は合っているはずなのになんとも地味な・・・。

という感じでした。

通りがかりの人に聞いても、
ここって感じで指さされ。

それがここ
IMG_4825.JPG

ガラスに覆われた中を見ると、
かすかに装飾が見えるのです。

ううん、と母と悩みつつ、
集合時間もあることなので、そこを離れましたが、

たぶんあれは裏口だったのかなぁ、と今もって謎。


サクラダファミリアが完成する2026年!!

もう一度母と行って、
謎を解明したいという想いを新たにする夜更けなのでした。
posted by そら at 09:54| Comment(0) | スペイン旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする