2021年02月17日

備え

今日、お昼休みにガソリンを入れてきました。

この間の定休日(金曜日)、半分に減ったメーターを見て、
そろそろ入れなきゃと思っていた矢先に地震が発生。

3日経ってしまいましたが、ガソリンを入れたその帰り道。
信号待ちでふと満タンになった表示を見て、ようやくひと安心。
あぁ、不安だったんだなぁと感じました。

ふと
コップ半分の水を
もうこれしか残っていないと思うか、
まだこんなにあると思うか、

あなたはどちらですかという問いを思い出し、

『まだある』の方が、ポジティブで、新しい発想を得るためには
いいとされているように記憶しているのですが、
(いろいろな説はあると思いますが)

こと災害に関しては、
満たせるものは満たしておいた方がいいよなぁと思ったのです。

先の見えない不安の中において、
食べ物、着るものがないとなおさら不安や心細さを感じてしまうものです。
もちろん容量はありますが、
とりあえず1週間は大丈夫とか、これがあれば寒くないとか
そんなことが心強く、前を見る力になると感じています。

不安を取り除くだけでなく、地域的にダメージを受けることも多くなってきた近年、
それぞれが日頃から備えてあれば、必要な地域にスムーズにわたります。
大震災だけでなく、この新型コロナにおいても、それは感じたことではないでしょうか。

私は、引き出し式の衣装ケース(っていうのかな)2つ用意し、
それぞれを食料品入れ、日用品入れとして、消費しながら備蓄しています。

ちょっと置き場所やスペースなど話し合いが必要かもしれませんが、
家族が何を入れるかも含めて、防災について話すいい機会になると思います。

ちなみに揺れの後、ストックボックスをのぞいたところ、
賞味期限の迫ったクッキーをみつけたので、
新しいものと入れ替えて、早速食べることにしました。

すでに備蓄されている方、
こんなもの備えているよ〜など教えていただいて、
みんなで情報共有していけたらいいなと
思いますので、お知らせくださいませ。

それでは、みなさま、気を付けて過ごしましょう。
posted by そら at 20:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月08日

逆子のお灸

ここ2・3日暖かい時間帯があり、
このまま春になってくれるといいなぁと、せつに願っているところです。

さて本題、
妊婦さんからの問い合わせが多い時期がやってきました。
この時期は、『盛夏を乗り越えて』の妊婦さんとなるからでしょうか、
逆子なんですけど・・・というお声がよく聞かれます。

28週をこえて、逆子と言われた場合、
様子を見ようと思っている間に、どんどん時は過ぎてしまいます。

医療機関に鍼灸院でお灸を受けていいか了承を得て、
すぐにご連絡ください。

もちろん逆子だけでなく、妊娠期間のお灸は、ママにもベビーにもお勧めですので、
お灸をしながら、様子を見るというのもありだと思います。
(実際、安産のためのお灸をされる方もいらっしゃいます。)

特にコロナ禍で、付き添いや立ち合いが禁止ということもあり、
不安やストレスを感じている方も多いです。

少しでも早く逆子の不安を解消できるようお手伝いをしたいと思います。
もし、
医療機関で、お灸はNGと言われたときにも
お家でできる簡単・安全な養生法をお伝えしますので、
お気軽にご連絡くださいませ。

安心安全なお産に臨むためのお手伝い、お任せください。

posted by そら at 11:11| Comment(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする