2008年09月09日

鍼灸適応・3

電話でお問い合わせいただいたときは、
私の説明下手もあり、誤解を招かないように
「実際お会いしてみないと・・・」とお伝えしますが、

心の中では鍼灸は「どんな症状にでも、なんらかの効果はあるからやってみる価値はあります。」と思っています。

もちろん明らかに鍼灸の適応ではない時は、専門医の受診をお勧めしてます。

ただどんな病気でも鍼灸が効く病態、
例えば筋肉の緊張や凝り・軽い炎症・血のめぐりの異常・むくみ・
自律神経の乱れ・神経の麻痺やしびれなどを含んでいれば効果は期待できると思います。

初めての鍼灸、また私のところで初めて受ける場合、
不安はどうしてもあると思います。

どうぞそんな時はぜひお問い合わせ下さい。

ただ電話するのも決心が必要かな、と思って今回まとめてみました。
参考にしていただければ、嬉しいです。
おしまい。

posted by そら at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍼灸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。