2009年08月01日

蜂蜜

090731−2.jpg

胃腸に働いて、消化、便通を促す作用や高濃度のものには殺菌作用があります。

小さい頃、口角炎ができたとき、ココアを蜂蜜で練って切れたところにつけていたのは、
この殺菌作用と保湿の効果を狙ったものだったのでしょうね。
科学的根拠とかだけではなく、経験から得た『知恵袋』ってなんだか魅力を感じます。

蜂蜜は温めすぎると、味の変化はもちろん、
ビタミンCも半減してしまうので、60℃程度が良いそうです。

このさっぱりあけない梅雨で体調を崩してしまった時は、
ホットミルクに入れたり、レモンで割ったりして、疲労回復にお勧めです。

いつもお土産ありがとうございます!
posted by そら at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 養生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック