2009年08月18日

ゴーヤ

ビタミンCがトマトの5倍。
抗酸化作用により、血管や動脈硬化を防ぎます。
またカゼの予防や、ストレスによるアレルギー疾患、血圧効果作用と
夏の健康作りに欠かせない野菜ですが、

どうもあの独特の苦味が苦手です。

好きな方はその苦味がまたなんともたまらないと聞きますし、
本当はあの苦味に大事な栄養素が含まれているので、

毎年、カレーに入れたり、あの手この手で苦味がごまかせないかと調理するのですが、どうも不評。

それでもゴーヤが手に入る以上、なんとかしたいと思っていたら、
いいレシピをみつけました。

090818.jpgゴーヤは種の部分をキレイに除いて、塩もみ。
その後軽く茹でたら、冷やしておく。
その間にクリームチーズにお砂糖、お醤油をいれ、混ぜあわせて、
冷えたゴーヤをいれ、また混ぜ混ぜ。

これは驚くほど苦味はなくなります。
珍しくまるまる1本完食でした。

とっても体にいいゴーヤですが、妊婦さんは避けて下さいね。

posted by そら at 22:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 養生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいしそうですね!!
クリームチーズのまろやかさが苦みを和らげてくれるのかな?
私はゴーヤの苦みが大好きです☆
きゅうりのキューちゃん漬け(?)ってありますよね?
それをきゅうりの代わりにゴーヤで作ったものが大好きです。
Posted by じゅん at 2009年08月20日 22:55
コメントありがとうございます。

誰も食べないのに、
毎年作り続けているのはなぜだろうと思うほど
我が家ではもてあましているので、
ついついゴーヤのレシピには敏感に反応してしまいます。

この『ゴーヤのクリームチーズ和え』、おいしいんだけど、
本当に不思議なくらい苦味が抜けるので、
ゴーヤ好きには物足りないかもしれませんよ。

ゴーヤで作ったキューちゃん漬け、
すごく体に良さそうですね!
もう少し苦味に慣れたら挑戦してみま〜す(^_-)


Posted by そら院長 at 2009年08月21日 01:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック