2011年11月10日

あれから

一歩一歩と思いながらも、
この状況のまま、前へ進んでいいものか

なにかできることをと考えても、
たいしてできることなんてなくて、

地震、津波、原発…
国や県や市、そしてそこに住む立場の違う人々

幸せを望んでいることは共通なんだと思う。


願いが叶うなら、あの前の日
3月10日に帰りたい。

叶わぬなら、
小さい力でも無力ではない
そう信じてまた前を向くしかない。
posted by そら at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災・原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック