2012年06月11日

1年と3カ月

震災から1年と3カ月。

まるで、すっかり平常に戻ったような生活。

静かな時間、時折工事で起こる振動を感じながら、あの震災はいったいなんだったんだろうと思う。

ずっと平穏な生活が続くことを疑わず過ごしてきた。

それがなんの前触れもなく、破壊され、いまなお悩み苦しみ続ける事態になるなんて、
想像すらしていなかった。

あんな地震がまた来るかもしれないなんて、
本当に恐ろしいけれど、今度は取れるだけの対策はしておこうと思う。

対策というと、食料などの備蓄が思いつきがちだけど、
意外と冷蔵庫やストックしていたものまかなえることが多い。
だけど、上から物が落ちてきたり、通路がふさがれたりの対策がやっぱり忘れがちのようなので、
家具の固定など十分にしてほしいと思う。
平時ではなんでもないような切り傷、捻挫が緊急時は命取りになることがある。
ぜひ身の回り、持ち物の確認をしてほしいと思ったあれから1年と3カ月の今日。
posted by そら at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災・原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック