2018年07月15日

つわりの治療

妊娠は病気ではないとは言われますが、

つわりは、吐き気・嘔吐・よだれや唾液の増加・だるさ・頭痛などなど
症状も様々、程度も様々なので、

軽いつわりで済んだ方に『つわりぐらいで〜』と言われたりして、
さらにストレスを感じてしまったという方もいらっしゃいましたので、
お灸もつわり症状の緩和につながりますので、参考になればと思い、ブログにしました。

つわりの症状は、妊娠5〜6週ごろに始まり、
だいたいは胎盤の完成する15週あたりに落ち着くことが多いようですが、
まれに出産まで続く方もいらっしゃるそうです。

当院でのご予約は、
病院で心拍を確認いただいた後になりますが、

□水分がとれない
□排尿の回数が1日3回以下
□嘔吐が続く
□食事がとれず、体重が5パーセント以上減った
などに当てはまる際は、お灸での対応ではなく、医師・助産師へのご連絡をお願いしております。

妊娠後、『つわり』という関門にあたり、
みんなが通る道と我慢していると思わぬ展開になることもございます。
上記の項目に当てはまる場合、
特に水分がとれない状況は脱水症状につながり、
妊娠悪阻という治療が必要な状態にもなりかねません。

まずは、水分補給とストレスのない生活を心がけてください。

治療時に、つわり時の、養生法をかいたプリントを用意してございますので、
詳しくはその時にお伝えしたいと思います。

どうぞ、抱え込まずに、ご相談くださいませ。




posted by そら at 17:43| Comment(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

マタニティ治療

仙台では、なかなかマタニティ向けの治療を行っている鍼灸院が少ないためか、
妊婦さんからのご連絡をいただくのですが、

通常のご予約もそうですが、
特に妊婦さんの治療にあたって、
週数だったり、どなたかに車の運転をお願いしたりなどということで、
双方の予定が合わないということが起こります。

妊婦治療の場合は、時期を逃せないので、
できるだけ対応をしたいとは考えておりますが、
どうしても時間的に承ることが厳しい状況もこれまで出てきております。

特に逆子の場合は、次回の検診結果をみてからと、
お考えになっていることが多いかと思いますが、
週数が早い方がお勧めですので、タイミングが大事となります。

逆子ではなくても、安産のための治療も行っておりますので、
現時点での状況をお知らせいただいて、
対応が可能の場合にはご予約を承りますので
どうぞお早目のご連絡をいただきますようお願いいたします。

少しでもママの不安に寄り添い、
安心安全に出産に迎えるようお手伝いをしたいと考えておりますので、
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
posted by そら at 21:25| Comment(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

マタニティ治療

日曜日お休みをいただいて、
安産灸ネットワークによる勉強会を受講してきました。

私が学んでいた時より深く広く知識や経験が伝えられ、
それをまた得る機会があり、ありがたく思っております。

東北でただ一人でやっていたので、
気が付かないうちに自己流になってしまうこともあり、
こうしてあらたに学びなおしたことを
ママたちに還元できるのもまた楽しみです。

講習を受けながら、
私が東京で先生の治療院に泊まりながら学んだ話になり、
「2年かけて学んだことが、こんな短期間で学べるんだよ〜」
「仙台の人も良かったねぇ」なんて話にもなったりしました。

あの貴重な研修期間とあわせて、
さらに学びを再確認できることに本当に感謝です。

夏を越した妊婦さんは冷飲食で逆子になりやすいので、
そのあたりも安産に向けた体づくりの中で話していけたらいいなと思います。

ママができる最初のプレゼント、
お灸で安心・安全なマタニティケアをお手伝いしたいと考えております。
ぜひいらしてくださいませ。

posted by そら at 22:11| Comment(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

妊婦治療

ゴールデンウィーク最終日の日曜日に、
安産灸ネットワーク主催の講習会に参加してきました。

安産灸ネットワークとは、
妊婦さんの健康と安産なお産を手助けすることを目的とした会です。

以前からお世話になっていたのですが、
講習を受けるのはご無沙汰で、
今回声をかけていただき、改めて知識の整理や気付きを得ることができました。

また講習会では、多くの受講生と一緒に学べることができ、
東北における産科領域の仲間が増えたようで嬉しく思いました。

28週以降、逆子といわれてから、
様子見て、お灸って怖いけどなんとかしたいという思いで
迷った末に連絡しました、というお話をうかがうこともございます。

ご希望の日時にご予約を承れない場合もございますので、
まずはどんな状況をお知らせいただくことでも構いませんので、
ご連絡をいただければと思います。

元気なベビーと出会えるお手伝いができることを楽しみにしております。

そのためにももっと産科の勉強を続けたいと思いました。











posted by そら at 12:33| Comment(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

逆子のお灸についてB

どうしてもBが小さくなってしまうのはなぜでしょう。
諦めました。
ま、たいしたことではないですよね。

逆子のお灸についてシリーズ化する予定でしたが、だいぶ空いてしまいました。
お問い合わせが増え、書かなきゃという気持ちになっていたのですが、
ついつい後回しになってしまうのですよね。

今回は、受診前にご確認いただいていることについて、です。
お電話いただいた際に、
現在の週数、
お薬の服用の有無、
安静やその他医師からの指示について、などお聞きします。
これは本当、基本的な質問で、このほかにもいろいろとお聞きすることもございます。

ですので、お手元に母子手帳を準備してお電話をいただけると、助かります。

お灸ってなんか怖いなぁという方も
とりあえずお電話いただけたら、なにかいいアドバイスができるかもしれません。
おなかの赤ちゃんへママからの最初のプレゼント、
ぜひ贈ってみてはいかがでしょうか。

ご連絡お待ちしております。


posted by そら at 19:14| Comment(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

逆子のお灸についてA来院回数

ひきつづき、逆子ちゃんについてですが、
来院回数について書きます。

治療院によっては、
毎日といわれることもあるそうですが、
当院では、2回を基本、最大で3回としております。

というのも、
上にお子様がいたりなどで、通院されるのが困難なためばかりでなく、
少しでもおうちでゆっくりした時間を作っていただきたいから、
という思いがあります。

基本的には、来ていただくのは、初回と次のエコー後の2回です。

回数が少ないとかえって不安と思われるかもしれませんが、
エコー後の結果をお電話にてお知らせいただき、引き続き対応させて
いただきますし、
ご自宅での養生法やお灸などについて、しっかりお伝えいたします。
どうしても不安という方は、この限りではございませんので、ご安心ください。

インターネットなどでいろいろな情報は得られる時代ですが、
心配している時間を少しでも減らせるお手伝いができればと考えております。

逆子の場合は、28週を過ぎたりなるべく早い方が良いので、
まずはご相談だけでも構いませんので、お声掛けくださいませ。

ご連絡お待ちしております。
posted by そら at 18:59| Comment(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

逆子のお灸について

最近、続けて妊婦さんのお灸、
とりわけ逆子についてご質問を受けたので、
久し振りに書いてみたいと思います。

一番に頭に思い浮かぶこととして、
お灸と聞くと、熱いのではないか、
やけどするのではないかと心配になる方もいらっしゃると思います。

ただでさえ逆子と知り、不安な中、
これまで鍼灸をしたことがない方は、とくに緊張されますよね。

やけどするようなお灸はしません。
また一度試してみたものの、お灸は合わないという場合も
対応できますので、ご相談ください。

夏を超えたこの時期は、
例年、逆子の依頼が増える時期でもあります。

ご自分で運転できない方や、
上のお子様をどなたかに見ていただいたりなどで、
なかなかお時間を作ることも大変かと思いますが、
タイミングを逃すことのないよう早めにご連絡くださいませ。

長くなりそうですので、
何回かに分けて書こうかと思います。

ご質問などございましたら、
ぜひお電話やメールなどにてお知らせいただきますよう
お願いいたします。





posted by そら at 17:26| Comment(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

嬉しいお便り

雨続きのなんだか気持ちも晴れないような日々でしたが、
無事ご出産のご報告をいただき、
ひとっとびに元気をいただきました。

願い続けた中、命を授かり、妊娠。
その後、お仕事をされながらもできることを大事に丁寧に過ごし、無事ご出産。

途中色々と不安もあったかと思いますが、
少しでもホッとする時間となれたことを嬉しく思います。

こんなお便りにはいつも励まされ、
また頑張ろうと思うのでした。


posted by そら at 22:57| Comment(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

安産灸ネットワーク定例会

夏以来の東京、
ちょっと(…だいぶ)楽天イーグルスの優勝がかかった決戦が気になりつつも行って来ました。

今回は安産灸ネットワークの定例会、
実技は、おなかゆるめのお二人目さんのママ用、さらしの巻き形や
産後のケアなどについて、またまた新たな知識をしっかりと学んできましたよ〜。

それにしても、さらし1本、使い方次第でいろいろできるんだと、
今更ながらさらしの持つ底力にびっくり。

ちょっと面倒かな、と思いがちですが、慣れると便利。
せっかくお持ちでしたら、一緒に巻き方の練習をしてみませんか?
きっと安定感に驚くことでしょう。
お声掛けくださいませ〜。

posted by そら at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

研修に行ってきました

14・15日とお休みをいただいて、所属している安産灸ネットワークの講習会に参加してきました。

本来であれば、もう少し早く研修を終える予定だったのですが、
震災などの影響もあり、かなりノビノビの研修生。
今回は、晴れて卒業、ネットワークのスタッフとして参加にあいなりました。

前日の打ち合わせ後は、
また新技を学ぶことができ、ますます妊婦治療に対する想いが強くなりました。

まだ仙台では少ない、妊婦さんを見れる鍼灸師ですが、
少しでも安心して、治療が受けられるよう今後とも努力していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。
posted by そら at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

春の講習会

雨降る中、安産灸ネットワークの講習会に行ってきました。

で、その前に恒例の寄り道。
120414.JPG 
明治神宮に行ってまいりました。
なんだか東京に来るたびに、どこかにお参りしているような、
もはや寺社巡りを趣味にしようかという勢いです。

そしていやはや、なんでこんなに降るの?という降りようの中、
ふと目を遠くにやると、
おぉ、桜と高層ビルという、なんだかいかにも東京らしい風景がありました。

120414-2.JPG

言うまでもなく、会場に着くころは、びっしょびっしょで、
濡れた靴ですっかり靴擦れができてしまいました。

そんな出だしでしたが、
今回もきっちりと妊婦さんの腰痛、逆子などなどについてしっかり学んできましたよ。

その話は、また今度。



posted by そら at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

おめでとうございます。

ご結婚前から治療にいらしていたTさんから、
「やっと生まれました〜」のご報告をいただきました。

もう2年も前になるBBQの時は、
『気仙沼ホルモン』を買ってきていただく大事な役目を果たすことに。
すっかり準備が整って、来ないねぇなんて
みんなで待ち構えていたところに、のちの旦那様となる方と登場。

そしておおいに盛り上がったことを昨日のことのように思い出します。

あれから2年、
8月末に軽い気持ちで妊婦姿をうかがいに行ったら、
思わずウソぉとつぶやいてしまうような、薄着で、とりあえず、その場で靴下をはいてもらうことに…。

そんなつもりもなかったのですが、
あわてて『冷え対策』と体を動かす時期を伝えてきました。

その後も健診後にメールをいただき、引き続き頑張っていただいたようで、
今日のこのご報告。

本当に嬉しいものです。

また落ち着いたら、お顔を拝見しに伺いたいと思います。
産後の養生も大事ですからね〜。
posted by そら at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

妊婦さんの養生

28週の検診で逆子と知り、しばらく様子をみているうちに、
「では次回の検診で戻っていなかったら、帝王切開になります」と言われ、
あわててお電話をいただくケースがございます。

次回手術の予定をたてるというぐらいの週数になってしまうと、おなかの赤ちゃんも大きくなっていますので、
早い週数に比べると、戻りにくくなってしまいます。

なんで逆子になるのか、その理由は明らかにはなっていませんが、
まず冷えないこと、動きすぎないこと、リラックスすることが妊婦さんにとって、
とても大切なことなのですが、なかなかそれが伝わっていないで過ごしている場合が多いので、
早めに知る機会としても、お使いいただければと思います。

というのも、この時代、インターネットや口コミでいろいろな方法を聞く機会が多いようですが、

実際この方法でいいのかしら…といった不安を抱えていたり、
え!良かれと思っていたけれど、違っていた!?ということが実はよくあります。

日々の生活をお聞きすることから、衣食住の改善点などに気づくことができるかもしれません。
そのような、より戻りやすい環境づくりのアドバイスができますので、
生活を早めに整えるためにも、28週を過ぎて逆子と伝えられたら、
ご連絡いただけることをお勧めいたします。


ちなみに私が研修を受けている『安産灸ネットワーク』では、
平成21年度上半期、152名のうち118名が戻り、

週数別の逆子矯正(戻った)率は、
治療開始 30週未満   100%
     30〜33週   71%
     34週以降    45% です。

このデータからも早めの受診お勧めいたします。

また繰り返しになりますが、安産のためにも、温かく、そしてリラックスしてお過ごしくださいませ。



posted by そら at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

12月の研修

日・月曜日お休みをいただいて、東京で研修を受けてきました。

今回は妊婦さんの腰痛、
そしてこれまでの総まとめ。

普段は東京と仙台と離れていることもあり、
電話などで相談させていただいているのですが、
この2日間はここぞとばかりにたくさん質問して、
いっぱい学んでくることができました。

一緒に学んでいる方の質問を聞くと、
あぁ、自分は見落としていたけど、確かに!!など
違った視点から得られる新たな発見、気づきがあるのも、研修会のいいところです。

今週も早速、妊婦さんの予約をいただいております。

11月はとても逆子の妊婦さんを見ることが多く、
東北は特に、この夏の暑さの影響は大きいんだなぁと感じていました。

さて12月はどうなることでしょう?
今後とも安全・安心をキーワードに、寄り添っていけたらなと思います。
posted by そら at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

涼しくなってきましたねぇ

今年の夏はきつかったと思います。
そんな猛暑を乗り越え頑張ってきた妊婦さん、ようやく涼しくなってきましたねぇ。

妊婦さんは冷えはよくない、という話をいろいろなところで聞いてすでにご存知かと思いますが、
逆子ちゃんママは特に手足が冷えていることが多いようです。

これからの季節、ますます朝晩冷えてきますので、ご用心くださいませ。

ふと今年お手伝いできた逆子ちゃんの治療を振り返ってみたりしますが、

初診38週4日(本来であれば逆子を戻す時期ではなく、安産に向けた体作りの治療となりますが、
研修を受けている先生と相談・確認の上で可能と考え、治療にあたりました)で戻ることができたママがいたかと思うと、

初診33週で戻らないこともあったりと、
妊婦さんの体や生活環境を整えること、また相手の方にあった提案・お手伝いをすることの大変さを知った年でした。

もちろんできれば28週で分かってすぐきていただくのが、一番ですが、
まだ仙台ではお灸も知られていないこともあり、「様子をみましょう」で先延ばしすることが多いようです。

もしもう少し様子を見ようというときは、冷えない生活とストレスをあまりためない生活、
リラックスして、ゆったりと動く生活を心がけていただけたらと思います。

妊婦さんのお手伝いができること、不安を少しでも取り除くことができたら嬉しく思います。
どうぞ気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

…そうそう、もうこの週数、この日にエコーなので、とご連絡をいただいても、
他の方のご予約が入っていてすぐには対応できないこともございます。
なるべく余裕をもってご連絡いただけますよう、ご協力お願いします。








posted by そら at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

安産灸ネットワーク研修会・その2

100926.jpg

普段ねぼすけの私にとっては早朝である6時に起床。

7時からヨガ。
気持ちよく体を動かしているうちに、ようやく目が覚めてきました。

午前中いっぱいの講義を終えて、無事研修会も終了。

とはいえ、昼食を食べているときも引き続き、話は尽きず…。

普段地方で一人でやっている身には、
目指すべき道筋があり、先輩方がいて、共に学べる仲間がいる、
そんなことが実感できた感謝感謝の2日間でした。

さて、あとは仙台で頑張るのみ!

より妊婦さんに寄り添える鍼灸師としてお会いできるよう日々頑張ります。

そんな決意を新たに皆様、
お休み、そして学びの機会をいただき、ありがとうございました。





posted by そら at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

安産灸ネットワーク研修会・その1

仙台でよく使う交通手段、バスは15分に1回。
1本逃すと遅刻になってしまうので、ついつい早め早めになってしまう地方の性か、
受付時間より30分早く到着してしまいました。

100925.jpg
せっかくだからと、すがすがしい空気の代々木公園を散策して時間をつぶすつもりが、
いつの間にやら時間が迫っているのに出口が分からない…迷子ちゃん状態。

私いったい、どこへ向かっているのかしら、と内心ドキドキしつつ、
ようやく出口を発見。

また出口から会場までの遠いこと、次第に焦りつつ、気づくと早足に。

無事受付を済ませたときには、すでに一仕事を終えたような疲労感。
わざわざ東京まで来て、なにやってんだろ、まったく…

そんな前途多難なスタートでしたが、
安産灸やつわり、逆子などなどマタニティ向けの知識を復習&再確認。

100925-2.jpgお昼はカレーをテイクアウト。
時折強い風が吹くものの気持ちのよい陽射しのもと、話はやっぱり治療だったり、
今後の展開だったり、頭はどこまでも鍼灸師。

午後の座学のあとは、夕方から実技。
100925-3.jpg
そして夜はフリートーク、
まるで合宿のように寝るまでいろいろな話を聞かせてもらいました。
なんて贅沢な一日なのでしょう。
posted by そら at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

暑いのですが、

今週突如、逆子ちゃんママの問い合わせが多くありました。

夏越えの妊婦さんは、逆子になりやすいという話を聞いたことがありますが、
やっぱりなのだと、変なところで納得。

きっとこの暑さで、冷えてはいけないと思いつつも、
冷たい飲食、涼しい格好をしてしまうからなのでしょうねぇ。

今まで何でもなかったのに、今回のエコーで逆子といわれたという方は、
少ない回数で戻っているようです。

ただでさえ暑いのにおなかが大きいと尚更…な事が分かっているだけに、酷な話ですが、
どうぞどうぞ、冷やさないようお気をつけいただければと思います。
特におなかや足元はことのほかご用心くださいませ。
posted by そら at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

逆子ママの散歩について考えた

妊娠後期、よく歩きましょうとは言いますが、

逆子ちゃんママについてはお医者さんに確認されたほうがいいと思います。

というのも、逆子の場合、赤ちゃんの足が下にあります…当然だけど。

そしてその状態で動き、なんらかの拍子で、赤ちゃんが子宮口をキックしてしまった場合など、破水!ということもありうるのです。
(7月16日追記:このことについて、子宮口がキックされて破水するというより、
逆子の場合、子宮壁が過伸展された状態でいるので、なんらかのショックでどの部分ということではなく、
破水が起りうるということを伺いました。
このほかにも前期破水が起こりやすい原因として、多胎や羊水過多、喫煙などがあります。
もちろん週数、状態など違いがあるので、安静か通常通りでいいのか、お医者さんに伺うのが一番ですね)

またよく動くとおなかがはりませんか?
おなかが張っていると赤ちゃんは動きにくい環境にいることになります。

おなかふわふわとおなかかちかちでは、当然動きに差が出ますから、
回転する機会がそれだけ減ってしまうと考えていいかと思うのです。

う〜ん、このところ立て続けに、
逆子には散歩と聞いてましたというお話を伺い、ちょっと気になっています。

なにしろ、逆子の場合には、最低限の家事以外、ゆっくりのんびりリラックスして
過ごすことが大事ですとお伝えているので、積極的に動く散歩とはまるで逆。

どの程度、勧められているのかなぁ。
気になるところです。
いずれにしろお医者さんへご相談・指示の上でした方がいいかと思います。
posted by そら at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

料金について

いよいよ7月も始まり、2010年も後半戦に突入ですね。

安産・逆子のお灸について、料金についてお知らせをしていなかったので、ここで改めてご連絡いたします。

私が現在、マタニティ研修を受けている『安産灸ネットワーク』では、治療費が全国一律となっています。

安産灸:5000円+ご自宅用のお灸代
    60分程度
    妊娠5ヶ月以降、胎動を感じたあと、安産に向けたカラダ作りのお手伝いとなるお灸。
    (つわりは医療機関で心拍を確認してとなります)

    鍼灸師によるお灸と生活養生をお伝えした後、自宅でのお灸を続けていただき、
    月に1度ほどお灸の位置の見直しと、生活の確認をさせていただきます。
    また37週の正期産をむかえる時期に仕上げの治療・生活養生法をお伝えします。

逆子のお灸:6000円+ご自宅用のお灸代
      90分程度
      28週を過ぎて、逆子と判明したときから、36週6日
     (といってもやはり早いに越したことはないのですが)まで。
      足湯をし、鍼灸師によるお灸と逆子が戻りやすくなる生活の養生法をお伝えします。
      その後、ご自宅でお灸と生活養生を続けていただき、エコー検診の結果により、
      →戻っていなければ再度、逆子の灸。
      →戻っていれば、止めのお灸を治療院にてします。
      逆子のお灸は1〜2回で戻ることが多く、また最大でも3回で終わりとし、ご自宅でのお灸を続けていただくようになります。

往診については、時間・地域によってお受けすることもできますので、ご相談ください。






posted by そら at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする