2010年09月25日

安産灸ネットワーク研修会・その1

仙台でよく使う交通手段、バスは15分に1回。
1本逃すと遅刻になってしまうので、ついつい早め早めになってしまう地方の性か、
受付時間より30分早く到着してしまいました。

100925.jpg
せっかくだからと、すがすがしい空気の代々木公園を散策して時間をつぶすつもりが、
いつの間にやら時間が迫っているのに出口が分からない…迷子ちゃん状態。

私いったい、どこへ向かっているのかしら、と内心ドキドキしつつ、
ようやく出口を発見。

また出口から会場までの遠いこと、次第に焦りつつ、気づくと早足に。

無事受付を済ませたときには、すでに一仕事を終えたような疲労感。
わざわざ東京まで来て、なにやってんだろ、まったく…

そんな前途多難なスタートでしたが、
安産灸やつわり、逆子などなどマタニティ向けの知識を復習&再確認。

100925-2.jpgお昼はカレーをテイクアウト。
時折強い風が吹くものの気持ちのよい陽射しのもと、話はやっぱり治療だったり、
今後の展開だったり、頭はどこまでも鍼灸師。

午後の座学のあとは、夕方から実技。
100925-3.jpg
そして夜はフリートーク、
まるで合宿のように寝るまでいろいろな話を聞かせてもらいました。
なんて贅沢な一日なのでしょう。
posted by そら at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

暑いのですが、

今週突如、逆子ちゃんママの問い合わせが多くありました。

夏越えの妊婦さんは、逆子になりやすいという話を聞いたことがありますが、
やっぱりなのだと、変なところで納得。

きっとこの暑さで、冷えてはいけないと思いつつも、
冷たい飲食、涼しい格好をしてしまうからなのでしょうねぇ。

今まで何でもなかったのに、今回のエコーで逆子といわれたという方は、
少ない回数で戻っているようです。

ただでさえ暑いのにおなかが大きいと尚更…な事が分かっているだけに、酷な話ですが、
どうぞどうぞ、冷やさないようお気をつけいただければと思います。
特におなかや足元はことのほかご用心くださいませ。
posted by そら at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

逆子ママの散歩について考えた

妊娠後期、よく歩きましょうとは言いますが、

逆子ちゃんママについてはお医者さんに確認されたほうがいいと思います。

というのも、逆子の場合、赤ちゃんの足が下にあります…当然だけど。

そしてその状態で動き、なんらかの拍子で、赤ちゃんが子宮口をキックしてしまった場合など、破水!ということもありうるのです。
(7月16日追記:このことについて、子宮口がキックされて破水するというより、
逆子の場合、子宮壁が過伸展された状態でいるので、なんらかのショックでどの部分ということではなく、
破水が起りうるということを伺いました。
このほかにも前期破水が起こりやすい原因として、多胎や羊水過多、喫煙などがあります。
もちろん週数、状態など違いがあるので、安静か通常通りでいいのか、お医者さんに伺うのが一番ですね)

またよく動くとおなかがはりませんか?
おなかが張っていると赤ちゃんは動きにくい環境にいることになります。

おなかふわふわとおなかかちかちでは、当然動きに差が出ますから、
回転する機会がそれだけ減ってしまうと考えていいかと思うのです。

う〜ん、このところ立て続けに、
逆子には散歩と聞いてましたというお話を伺い、ちょっと気になっています。

なにしろ、逆子の場合には、最低限の家事以外、ゆっくりのんびりリラックスして
過ごすことが大事ですとお伝えているので、積極的に動く散歩とはまるで逆。

どの程度、勧められているのかなぁ。
気になるところです。
いずれにしろお医者さんへご相談・指示の上でした方がいいかと思います。
posted by そら at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

料金について

いよいよ7月も始まり、2010年も後半戦に突入ですね。

安産・逆子のお灸について、料金についてお知らせをしていなかったので、ここで改めてご連絡いたします。

私が現在、マタニティ研修を受けている『安産灸ネットワーク』では、治療費が全国一律となっています。

安産灸:5000円+ご自宅用のお灸代
    60分程度
    妊娠5ヶ月以降、胎動を感じたあと、安産に向けたカラダ作りのお手伝いとなるお灸。
    (つわりは医療機関で心拍を確認してとなります)

    鍼灸師によるお灸と生活養生をお伝えした後、自宅でのお灸を続けていただき、
    月に1度ほどお灸の位置の見直しと、生活の確認をさせていただきます。
    また37週の正期産をむかえる時期に仕上げの治療・生活養生法をお伝えします。

逆子のお灸:6000円+ご自宅用のお灸代
      90分程度
      28週を過ぎて、逆子と判明したときから、36週6日
     (といってもやはり早いに越したことはないのですが)まで。
      足湯をし、鍼灸師によるお灸と逆子が戻りやすくなる生活の養生法をお伝えします。
      その後、ご自宅でお灸と生活養生を続けていただき、エコー検診の結果により、
      →戻っていなければ再度、逆子の灸。
      →戻っていれば、止めのお灸を治療院にてします。
      逆子のお灸は1〜2回で戻ることが多く、また最大でも3回で終わりとし、ご自宅でのお灸を続けていただくようになります。

往診については、時間・地域によってお受けすることもできますので、ご相談ください。






posted by そら at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

前期終了

研修から帰ってまいりました〜。

今回で基礎&実技研修終了。

後半は臨床の研修が始まります。

とはいえ、実際のところ、研修終了後〜翌日帰るギリギリまで、往診に連れて行っていただいたり、
治療院の見学をさせていただいたり、すでに臨床の研修も入っていますが…。

今回、見させていただいた中でも、
これは応用パターンとかレアケースというのもあり、
実際、仙台でしているだけではお目にかかれない逆子ちゃん、
逆子止めの治療を見ることができました。

私が参加している東京の研修会は、助産師さんや病院からの依頼も多く、
早い週数での逆子の灸→止め→安産の灸という一連の流れができているのに対し、

仙台ではやはり週数が迫ってからのケースが多かったり、と
広報不足が否めません。

先日いらした方も、逆子にお灸はいいらしいと思いながらも
お灸は最終手段と考えていたとのことですから、
早め早めの対応するにはどうすればいいか、考えていかなければならないようです。

とりあえず最終手段でも構わないので、
心が決まるまでの間、ぜひ冷えに要注意でお過ごしいただくことだけは、
お願いしま〜す。
posted by そら at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

質問

最近、とみに逆子・安産のための治療のお問い合わせが増えてきました。

なので、よく聞かれる質問について、ちょっとまとめてお答えします。

まず治療時間は1時間前後かかります。

小さいお子様がいらっしゃる場合は、どなたか見てくださる方がいらっしゃれば、
預けてきていただくと、ママが落ち着いて治療を受けることができます。
なによりリラックスできることが大切なのです。

持ち物は母子手帳は必須。

服装は足首が出れば、普段着で治療できます。

治療院は狭いですが、旦那さんと一緒にいらっしゃっても構いません。

あとは何があるかなぁ…。

そうそう逆子で一番気になる「○週なんですが、戻りますか?」

もちろん、28週であれば戻る可能性は高いです。
ですが、必ずしもそうは言い切れません。

その反対に週数が迫ってきていても、間近に逆子になった場合は、戻る可能性もあります。
回転できるスペース、要因があったということですから。

となると、戻るか否か、
ごめんなさい、残念ながら私には答えられません。

ただ言えるのは、最終的に帝王切開による出産であっても、
暖かい環境を作ること、体を整えることはとてもいいことだということ。

そして一緒に体づくりのお手伝いができるということ。

他にお聞きになりたいことがございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。


posted by そら at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

時期

逆子ちゃんママから聞かれて、ただいまカルテを見ていたところ、
うちの場合、35週を越えての治療の多いこと…。

早めに言われてもその内、戻るかなぁって様子見をしている方が多いということなんでしょうかねぇ。

それとも逆子にお灸がいいという情報があまりないということなのでしょうかねぇ。

ぎりぎりになって情報を求めたとき、
ママ友や助産師さんに勧められてというお話は聞きますが、
鍼灸師から発信している情報はやっぱり少ないのかなぁ。

もちろん28週前であれば、動きも活発ですので、様子を見る意味は分かるのですが、

28週を過ぎて分かったら、お灸をして、ポカポカと暖かい子宮を保つことは逆子だけでなく、
安産にとっても、お勧めですよ。

37週近くなってから、逆子になっちゃったという方もいらっしゃいます。
次回戻ってなければ、手術の予約を入れましょうと言われ、びっくりするかと思いますが、
逆子になるということは、そこから早く来ていただければもう一度回転できる、
可能性も残っていますので、週数が迫ってきても試す価値はあるのかなぁと思います。

戻る、戻らないにしろ、ポカポカと暖かい、居心地の良い子宮にしてあげることは
赤ちゃんにも、ママにもいいことだと思います。

まだ早い?もう無理?など迷ったら、とりあえずご連絡してみてください。

なにかしらのお手伝いできることを願っております。

posted by そら at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

逆子になったら

ゴールデンウィーク中も問い合わせがあり1日だけですが、
逆子ちゃんおよび出産を間近に控えた妊婦さんの往診に出かけました。

研修に行っている東京近辺では、逆子ちゃんの問い合わせが多くあるので、
仙台でも困っているお母さん方もいらっしゃるのでは…と思っていたのですが、
ここ1ヶ月は急速に問い合わせや治療の機会が増えてきています。

今日も生まれました〜というご連絡をいただき、お役に立てて嬉しい限りです。

ただ出産にかかわる治療は、日数に限りがあるのが大きな違い。

逆子であれば、なおのこと。
週数が早ければそれだけ、戻りやすいです。

せっかくご連絡いただいても、すぐにご予約がお取りできない場合もありますので、
逆子と分かったら、できるだけ早くご連絡いただければと思います。
posted by そら at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

逆子ちゃんのお灸

寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

日・月曜日とお休みをいただいて、東京へ勉強に行ってきました。

女性鍼灸師であるがゆえか、
妊娠を望まれる方、つわりやむくみなど妊娠中に起きた不調、
逆子、また安産のためといった妊娠に関わる治療の機会が多くあります。

それに対して、もっともっと知識を、経験を積みたいという思いから
今年はマタニティを専門とされている先生の研修を受けに行くことにしました。

仙台ではまだまだ逆子や安産のために、
お灸がいいということが知られていないのですが、その周知も含めて
頑張っていこうと思います。

今年もたくさんのママ、そして赤ちゃんの笑顔と出会えることを楽しみにしております。
posted by そら at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 安産・逆子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする